池上駅周辺で整骨院をお探しなら《あし花整骨院》

スポーツ障害

このようなことに悩まされていませんか?

  • アキレス腱のあたりに痛みがでる
  • スネの一部が痛い
  • 長い距離を走ると足に激痛が走る
  • 前のようなプレーができなくなった
  • 筋肉痛のような痛みが続く
  • ランニングをしていると膝が痛い

スポーツにケガはつきもの?

マラソンをしている男性

「スポーツにケガはつきもの」という言葉があるほどスポーツをされている方は、一度はスポーツ中にケガを経験したことがあるのではないでしょうか?

スポーツによるけがはポーツ外傷」と「スポーツ障害」の2つに分けることができます。

【スポーツ外傷】

運動中、一度の強い外力によって組織が損傷した状態。

例えば、転倒や人・物への衝突などにより明らかに原因がはっきりしているケガは「スポーツ外傷」となります。

主に「脱臼」「骨折」「捻挫」「肉離れ」「靭帯損傷」などが挙げられます。

このスポーツ外傷は、ラグビーや格闘技、サッカーなどコンタクトスポーツをされる方に多くみられます。

【スポーツ障害】

身体の使い過ぎや不良なフォーム、コンディション不足な状態での運動などで身体に何度も繰り返し負荷が生じことで、痛みが慢性的に続いている状態。

運動中、はっきりとした原因が思い当たらず痛みを感じる場合は、この障害の可能性があります。

このスポーツ障害は、自分では気づかないうちに負荷がかかり徐々に痛みが出てくることが多く、本人や周囲も原因がわからず治療も長期化・重症化してしまうことがあります。

軽度や初期の場合は、運動前後に痛みや違和感を感じる程度ですが、重症化してしまうと終始強い痛みを感じ日常生活へ影響を及ぼしてしまいます。

また、競技に支障がでて以前のようなプレーができなくなってしまったり、競技を続けることができなくなってしまう可能性もあります。

自分の身体のサインを見逃さないようにし、違和感があればすぐに受診し早期治療を行うようにしましょう。

スポーツ障害は成長期に起こりやすい?

足首を押さえている画像

スポーツ障害について、代表的なものをスポーツ別にご紹介します。

【野球】

●野球肘

肘の痛み

野球などで過度に投球動作を繰り返すことで発症する障害の総称になり、大人に比べて肘の軟骨が弱い成長期の子供に起こりやすくなります。

多くは、投球時に肘の内側に引っ張るストレスが加わることで生じ、肘の痛みだけではなく、伸びや曲がりが悪くなり、急に動かせなくなることもあります。 

【テニス】

●テニス肘

肘の痛み

テニスのバックハンドストロークなどの動作により手をひねるなどの動作を繰り返すことにより発症します。手首を反らしたり、捻ったりすることで痛みが発生し、悪化するとしびれを感じることもあります。

原因としては、腕の酷使により肘の付け根部分に過度の負担がかかり、細かい亀裂や炎症が起きて痛みが生じているためといわれています。

【サッカー】【バレーボール】【バスケットボール】

●オスグッド・シュラッター病

膝下の痛み

10代中頃のスポーツを活発に行う男子に多く、膝の下に痛みが発生します。

原因としては、サッカーなどで慢性的に膝の曲げ伸ばしを行うことで大腿の前にある「大腿四頭筋」という筋肉の付着部が微細な出血と破壊を繰り返し炎症を起こすためだといわれています。次第に脛骨が隆起し、その隆起した部分に痛みが発生します。

【バスケットボール】【陸上競技】【自転車】【トライアスロン】【登山】【スキー】

ランナーズニー(腸脛靭帯炎)

膝の外側の痛み

腸脛靭帯炎は陸上競技の長距離選手に多く見られるスポーツ障害です。近年のランニングブームで市民ランナーが症状を訴えるケースが多くなっています。

O脚(ガニ股)の人や、足の小趾側で体重を受けるなど身体の外側に体重をかかるクセのある人に多く発生します。

過度にかかとの外側がすり減ったシューズを履いていたり、斜めに傾いた道路を走ったりするのも良くありません。

【陸上】【バスケットボール】

●シンスプリント

スネの内側の痛み

繰り返し走ることの多いスポーツをする方に多く発症します。運動中や運動直後にスネの内側に痛みが生じます。

原因としては、繰り返し走ったり飛んだりすることで、下腿の内側の骨に負担が生じ、脛骨というすねの骨とつながっている骨膜が炎症を起こすためだといわれています。

痛みを我慢して長期間治療をしないでいると、治りが遅くなり「疲労骨折」と診断されることもあります。

【バレーボール】【バスケットボール】【陸上※跳躍種目】

●ジャンパー膝

膝の痛み

ジャンプ動作を長時間繰り返すことの多い方に多く、膝(膝蓋腱)に繰り返し過度な負荷がかかることで炎症を起こし痛みが生じます。

ひざの皿のところの骨、膝蓋骨(しつがいこつ)に痛みを感じます。初期にはジャンプなどの動作のときに痛みを感じる程度ですが、重症化し腱が変形してしまった場合などは手術を行う場合もあります。

また、膝蓋靭帯は血流が少ない組織の為、治療に時間がかかりやすい障害になります。

ふくらはぎを押さえている男性【スポーツ全般】

●アキレス腱周囲炎

アキレス腱・ふくらはぎの痛み

ハイスピードで走る競技の方に多く、足首に繰り返し負荷がかかることでアキレス腱に沿った部分に痛みが生じます。

初期の場合は、ハイスピードで走った時や強く踏ん張ったときなどに痛むことが多いですが、悪化すると歩行時にも痛みが生じることがあります。

【サッカー】

●セーバー病・シーバー病(踵骨骨端症)

かかとの痛み

10歳前後、成長期の男子に多くサッカーなど過度に足を使う機会が多い子供に多く発症します。かかとが軽く腫れたり、歩行時などに痛みが生じます。

原因としては、成長期の未発達なときに過度な運動を行うことでかかとの骨の端に負荷が生じているところに、アキレス腱の引っ張る力が加わることでかかとの骨に炎症が起きるためといわれています。

スポーツ障害は、スポーツを行う方ならどの年代でも生じる障害ではありますが、特に中高生に多くみられます。

成長期である中高生の身体の中では、まず骨が成長しそれに合わせて筋肉も成長していきます。このときの骨や関節・筋肉はとても弱く、強い圧力や繰り返しの負荷に耐えられる構造になっていません。そのため、成長期は障害が生じやすくなります。

そのため、自分自身はもちろんですが、コーチや保護者なども「過度な練習をしていないか」「フォームは乱れていないか」など目を配り「スポーツ障害」にならないための環境を作ることが大切です。

あし花整骨院のスポーツ障害アプローチ法

あし花整骨院のトレーニング器具

当院では、施術者全員にスポーツ経験があり、みな、スポーツが大好きです!

また、トレーナーの経験もあり、趣味のスポーツから大学や中学の部活動など様々な競技のトレーナーを任されてきました。

その経験を生かし競技復帰までしっかりサポート致します。
そのため、部活中やジョギングなどのスポーツ活動中のケガもお任せください。
外傷だけでなく、シンスプリント、アキレス腱炎、ランナーズニー、ジャンパーズニーなどのスポーツ障害もお任せください。

あし花整骨院 トレーニングの様子ケガの状態に合わせ、処置をし、回復段階にあわせた競技復帰のためのリハビリやトレーニングをご提案させて頂きます。

このトレーニングより、ケガによる休養期間のマイナス面を極力なくし、同じケガを繰り返し難い身体になるお手伝いをいたします。

ケガのリハビリ以外でのトレーニングに関する相談もお任せください!

あし花整骨院の施術メニュー

あし花整骨院でオーダーメイド施術を行っている様子

オーダーメイド施術

あし花整骨院で足の施術を行っている様子

足のお悩み施術
【SUPER feetインソール】

あし花整骨院で美容鍼を行っている様子

美容お悩み施術
【美容鍼】

あし花整骨院で鍼灸治療を行っている様子

頭痛お悩み施術
【鍼灸】

あし花整骨院で姿勢矯正を行っている様子

姿勢お悩み施術
【パーソナル・トレーニング】

あし花整骨院でマッサージを行っている様子

疲労回復施術
【マッサージ】

Q&A スポーツ障害に関するよくある質問

スポーツなどは治るまでしばらく休むべきですか?

患部の安静は必要ですが、患部以外の場所がマイナスにならないようにトレーニングの指導などサポートいたします。

リハビリも行っていますか?

もちろんです。

けがの回復のためのリハビリはもちろんのことけがの予防のリハビリも行っています。

スポーツ傷害はスポーツ選手だけが診てもらえるのでしょうか?

スポーツ選手だけでなく、スポーツによるけがはお子さまからお年寄り、老若男女関係なくご相談ください。

INFORMATION 当院の情報

院名
あし花整骨院
所在地
〒146-0082
東京都大田区池上4丁目27ー14
池上4丁目ビル 2階
営業時間
火曜〜土曜:8:30〜12:00/15:00〜20:00
日曜:8:30〜12:00/午後休診
休診日:月曜、祝日
※保険診療の最終受付は19:00までとなります。
 自費診療は20:00まで受け付けております。
アクセス
東急電鉄池上線池上駅より徒歩3分
駐車場・駐輪場
なし
診療時間
8:30〜12:00
15:00〜20:00