池上駅周辺で整骨院をお探しなら《あし花整骨院》

腰痛

このようなことに悩まされていませんか?

  • 前かがみの動作がつらい
  • 椎間板ヘルニアと診断された
  • 朝起きると腰が痛い
  • 動くとき腰が重い
  • 冷え込む日が続くと腰が痛む
  • 慢性腰痛で悩んでいる

たかが腰痛と考えないでください!

腰に手を当てている女性

腰痛は「国民病」と呼ばれるほど男女ともにお悩みの方が多く、自覚症状のある痛みの中で、男性は1位、女性は2位という結果がでるほど、ほとんどの方が経験する症状になります。

腰は頭や上半身の重さをすべて支え、身体の中心にあり曲げたり、伸ばしたり、ひねったりするだけではなく、「歩く」「座る」などの動作も腰を起点としています。そのため、腰はとても負担のかかりやすい場所なのです。

さらに、無理な動きや急に重いものを持ちあげる、くしゃみなどの様々な動作が腰痛を引き起こすきっかけとなります。

腰痛の原因としては「ある動作によるもの」「ある病気によるもの」とはっきりわかる場合もありますが、ほとんどの場合は特定できません。腰痛のうち約85%は、原因不明といわれ、レントゲンなどの検査をしても異常がない場合が多いです。

まずは、原因のはっきりしている腰痛として代表的な症状を3つご紹介します。

椎間板ヘルニアの画像「腰椎間板ヘルニア」

骨と骨をつなぐ椎間板に亀裂ができ、内部にあるゼリー状の髄核が腰の神経を刺激し痛みが起こっている状態。

「腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)」

加齢に伴い、頭から腰までつながる神経「脊柱管(せきちゅうかん)」が腰の部分で狭まり腰から下の神経に影響を及ぼし腰痛を引き起こしている状態。臀部や足にしびれや痛みを感じることもあります。

「骨粗しょう症」

年配の方や閉経後の女性に多く、骨の強度が弱くなることで、骨折しやすくなっている状態。骨折すると腰痛を引き起こします。

また、この原因のはっきりとした腰痛には、腰に異常がある場合だけではなく、骨への細菌感染や、がんにより腰に痛みが生じている可能性もあります。

ほとんどの腰痛は、直接生命に直結する症状ではないのですが、上記のような場合も考えられるため、「たかが腰痛」と考えず一度痛みの原因を調べることが大切です。

原因が特定できない腰痛とは?

腰に手をあてている男性

原因が特定できない腰痛は、「腰痛症」と呼ばれています。

この腰痛症は、急性腰痛慢性腰痛に分けられ、身体の使い方次第で誰しも起こる可能性があります。

急性腰痛としては「ぎっくり腰」が挙げられますが、このぎっくり腰も、明確な原因の特定はできていません。

膝を曲げずに腰のみで重い荷物を持ち上げたり、しっかりと身体の準備を整えないで状態で激しい運動などをすると発症しやすいといわれ、初期は強い痛みを感じますが、通常は1~2週間程度で自然に回復していきます。

慢性腰痛とは6か月以上持続する腰痛をいいます。

この慢性腰痛の原因としては

〇腰の骨を支える筋肉や靭帯に疲労が蓄積され炎症を起こす

〇椎間板の中にあるゼリー状の髄核がずれる

〇精神的ストレスなど心理的要因

などが重なり合い生じているのでは?と考えられています。

腰痛を引き起こす要因としては、日常の生活習慣や職場環境などが密接に影響していきます。

例えば、下記のような環境は腰痛を引き起こしやすく、腰への負担が大きい状況となります。

●前かがみになる作業が多い

●長時間立ち仕事をしている

●中腰での作業が多い

●長時間のデスクワークをすることが多い

●運動をする機会が少ない

●休息を十分にとれない

また、一度腰痛を発症してしまうと、痛みがストレスとなり、腰痛がより長期化するケースもあります。

まずは、腰痛を長期化させないためにも、日常生活の見直しを行い、腰に負担のかからない立ち方、座り方をすることが大切です。

また、介護職やドライバーなど腰に負担が生じやすい職種であれば、サポーターや腰痛クッションで対策をとることも有効です。

《腰に負担のかかりにくい立ち方》

背筋を伸ばして軽くあごを引きましょう。

このとき、肩の力をぬき、お腹に力をいれることを意識することがポイントです。

ひもで上から引っ張られているようなイメージで姿勢を保ちましょう。

腰に負担のかかりにくい座り方画像《腰に負担のかかりにくい座り方》

椅子に深く腰掛けて、お尻に背もたれがつくように座ります。

立ったとき同様、お腹に力をいれ背筋を伸ばしましょう

※同じ姿勢を取り続けることは腰への負担が大きくなります。

意識的に、立ち上がったり歩いたり、ストレッチや伸びなどを行うようにしましょう。

あし花整骨院の腰痛アプローチ法

あし花整骨院の電気治療の様子

腰の痛みに対しても、患部のみを施術するのではなく、痛みの原因を姿勢、動作など全身から評価します。

慢性腰痛の場合には手技や関節モビライゼーション、電気、はり、お灸などを状態により使い分け、硬くなった筋肉をほぐしたり、動きの悪い関節の動きを良くしたりすることで血行を良くし、症状の改善をお手伝いしていきます。

場合によっては再発防止のための、ストレッチやトレーニングの指導もおこないます。
ぎっくり腰のような急性期や痛みが強い場合には、患部の安静をはかり身体が本来持っている「治癒力」を最大限まで高めるためテーピングやコルセットなどもご提案させて頂きます。

オープン記念キャンペーン

1日5名まで限定特別キャンペーン!

30分の施術を半額で受けられます。

ぜひこの機会にあし花整骨院の施術を体験してみませんか?

※本キャンペーンは初回施術のみが対象となります。また、別途消費税がかかります。

 

 

あし花整骨院の施術メニュー

あし花整骨院でオーダーメイド施術を行っている様子

オーダーメイド施術

あし花整骨院で足の施術を行っている様子

足のお悩み施術
【SUPER feetインソール】

あし花整骨院で美容鍼を行っている様子

美容お悩み施術
【美容鍼】

あし花整骨院で鍼灸治療を行っている様子

頭痛お悩み施術
【鍼灸】

あし花整骨院で姿勢矯正を行っている様子

姿勢お悩み施術
【パーソナル・トレーニング】

あし花整骨院でマッサージを行っている様子

疲労回復施術
【マッサージ】

Q&A 腰痛に関するよくある質問

ぎっくり腰になってしまったのですが、どのくらい安静にしていればよいですか?

3日~4日は絶対安静です。その後は痛みに応じてリハビリを行っていきます。

腰痛は、コルセットを着用することにより軽減されますか?

軽減されます。ただ、コルセットは腰をささえるためのものであり、ご自身の筋力がコルセットに頼りすぎてしまうことで筋力低下の原因になってしまいます。急性期など痛みが強いときには必要ですが、根本改善になりません。リハビリやトレーニングで腰痛になりにくいからだ作りを行うことをおすすめします。

腰に負担のかからない寝かたを教えてください

横向きが最も背骨への負担が少ないといわれています。

ただ、症状によってかわりますので、絶対ではありません。

症状により、寝相についてもアドバイスいたしますのでご相談ください。

INFORMATION 当院の情報

院名
あし花整骨院
所在地
〒146-0082
東京都大田区池上4丁目27ー14
池上4丁目ビル 2階
営業時間
火曜〜土曜:8:30〜12:00/15:00〜20:00
日曜:8:30〜12:00/午後休診
休診日:月曜、祝日
※保険診療の最終受付は19:00までとなります。
 自費診療は20:00まで受け付けております。
アクセス
東急電鉄池上線池上駅より徒歩3分
駐車場・駐輪場
なし
診療時間
8:30〜12:00
15:00〜20:00