池上駅周辺で整骨院をお探しなら《あし花整骨院》

その靴、本当に大丈夫ですか!?

運動靴を選ぶ際のポイント

最近では履きやすいという理由からか、踵(かかと)や靴底が柔らかい靴が多く販売されています。

しかし、柔らかい靴は安定感が悪く、足の裏が疲れやすかったり、タコや靴擦れを起こしやすかったり、少しの力で曲がったり、捻じれたりしてしまいます。そのため靴の形を変形させるだけではなく、中に入っている足まで変形させ、足の機能を乱し、カラダの様々な不調の原因にもなってしまいます。

足の機能を守るためにも、しっかりと足に合った良い靴を選びましょう。

/
  1. 踵(かかと)がシッカリしている靴

踵は靴選びの中で最も大切なポイントです。なぜなら私たちのカラダは、踵の上にのっています。つまり「踵は足の土台」なのです。 足の土台ということは、からだの土台ということにもなります。踵の位置がずれてしまうと、O脚、膝痛、腰痛、肩痛などの症状に繋がります。

来院される方の多くが、踵が柔らかい(簡単に潰れてしまう)靴によって、カラダを痛めています。踵が「パカパカ」脱げてしまう靴は、 不安定な靴であり、カラダを痛める原因にもなってしまうので極力避けましょう。

大事な踵を守るために、靴にはヒールカウンターという固い素材が入っているものをオススメしています。

ヒールカウンターには踵を安定させ、足の横ブレを防いでくれる役割があります。

安定させブレを抑えることで足がより前に運びやすくなり、歩行が安定するのでケガの予防にもなります。

特にご年配の方やお子さんの靴を選ぶときは、このヒールカウンターが硬い方が歩行を助けてくれ安全に歩きやすくなります。

このヒールカウンターには硬いものだけでなく柔らかいものなどもあります。

とにかくここが硬くしっかりしたものを選んでください。

 

  1. シャンクがシッカリしている靴

まずは、シャンクとは何かというと、靴底にある固い材料のことで、メーカーや靴の種類によって硬さや材料も様々です。また、外から確認できるものもあれば、靴底など中に埋め込まれているものもあります。

シャンクは体重が掛かっても靴が曲がったり、ねじれたりしないよう支えているものです。

人間の足は歩く際に指の付け根部分の関節(MP関節)が曲がることで、前方への体重移動をスムーズにしてくれています。

そのため靴も指の付け根部分の関節(MP関節)で曲がってくれることが大事になってきます。

シャンクが硬すぎて全く曲がらない靴、柔らかすぎて変なところで曲がる靴、サイズが大き過ぎてMP関節の位置で曲がらない靴などは足の動きを阻害してしまいます。

また、シャンクが無い靴は構造も柔らかく作られていて、捻れやすくなります。

靴が捻じれやすいと中の足も捻じれてしまい、接地のたびにかかとが内側や外側に倒れやすくなります。それが原因で土踏まずが下がり、膝や股関節、腰に負担がかかってしまい、カラダを痛める原因になってしまいます。

もちろん、シャンクのない靴、靴底が柔らかい靴が「絶対ダメだ」というわけではありません。それはそれで、その人本来の足の動きが阻害されない。あるいは、余分な材料を使わないことで靴が軽量になるというような利点もあります。

しかし、膝の痛みや腰痛などカラダに悩みのある方はシャンクがしっかりした靴がオススメです。

 

  1. 鳩目(ハトメ)が5つ以上ある靴

鳩目(ハトメ)とは靴ひもを通す穴のことです。

ハトメは上から下までそれぞれ役割があり、靴ひも(シューレース)によって足と靴を一体化させる重要な部分です。

シッカリと一体化させるためには、鳩目は5つ以上が望ましいです。

ハトメの数が少ないと、靴と足がうまく一体化できず、靴の中で足が滑ってしまったり、パカパカ遊んでしまったりして、靴擦れや屈み趾などのトラブルに繋がってしまいます。

また、シューレースの通し方にも種類があり、足に合わせて通していきます。

基本的な靴ひもの通し方として「アンダーラップシューレーシング」と「オーバーラップシューレーシング」があり、目的に合わせて選択します。

あし花整骨院では、足の形や靴の種類、ハトメの位置、靴の使用場面などによって様々な紐の通し方を使い分け、足と靴を一体化させるように通していきます。

引用:アシックス「スニーカー・ランニングシューズの靴紐の結び方 & 通し方」

https://www.asics.com/jp/ja-jp/mk/support/help/shoes/lace

 

 

  1. アウトソール(靴底)

アウトソール(靴底)の形状を気にして靴を選んだことはありますか?

ここでいう形状とは「アウトソールの横方向の溝」のことです。

なぜアウトソールの横方向の溝なのか?

それは、シャンクの項でも書いた「MP関節」と「アウトソールの横方向の溝」が合っているかが足にとって大事なのです!

MP関節の親指~小指まで結んだラインにはタイプがあり、①平行に近いタイプ、②小指側に斜めに下がっているタイプの2つに大別できます。

靴の横方向の溝とMP関節のラインに合わせてあげることで、足本来の力を発揮しやすくしてくれます。

大切な部分なので靴を選ぶ際に確認してみてください。

 

 

以上4項目が運動靴を選ぶ際のポイントになります。特に1~3は重要な部分なので意識して頂けたらと思います。

自分の足に合った靴を選んで快適に過ごしましょう!

足や靴のことでお悩みの方は、ぜひ一度あし花整骨院に相談してください。必ずお力になれます!

Recommend Post おすすめの記事

デスクワーク・運動不足で凝り固まった身体を上半身のストレッチで自律神経を落ち着かせましょう

スポーツ
池上の情報
症状から記事を探す
食事・栄養

INFORMATION 当院の情報

院名
あし花整骨院
所在地
〒146-0082
東京都大田区池上4丁目27ー14
池上4丁目ビル 2階
営業時間
※当面の間、完全予約制とさせていただきます。
 事前に来院予約をお願いいたします。
 当日予約も可能なのでご来院前にお電話ください。

火曜〜金曜:9:30〜12:00/15:00〜20:00
土曜:8:30〜12:00/15:00〜20:00
日曜:8:30〜12:00/午後休診
休診日:月曜日 ・ 第5日曜日
祝日の診療に関しては「お知らせ」よりご確認下さい。
※保険診療の最終受付は19:00までとなります。
 自費診療は20:00まで受け付けております。
 (19時以降は事前予約のみ)

※鍼(はり)の施術は、予約制となっております。
 火曜・水曜は終日/木曜・土曜は午前のみ/
 金曜は午後のみになります
アクセス
東急電鉄池上線池上駅より徒歩3分
駐車場・駐輪場
なし
院内ビュー
あし花整骨院内がご覧いただけます
診療時間
8:30〜9:30 予約制 予約制 予約制 予約制
9:30〜12:00
15:00〜19:00
19:00〜20:00 予約制 予約制 予約制 予約制 予約制